注文住宅の収納を失敗させないポイントはリビングにある?

注文住宅の収納計画

注文住宅は間取りの自由度が高いので、収納も希望通りに設けられます。一方、収納プランが失敗してしまうと、物が溢れる家になってしまいます。失敗の原因には、収納が少ない、多いという収納量の問題以外にも様々あります。どのくらいの収納が必要なのかということも含めて、失敗しない収納計画のポイントをリビング中心に考えていきましょう。

リビング収納のおすすめは生活動線上にある家族で使える大型収納

リビングの収納 ウォークインタイプ

私たちとペットの家

「新しい家が完成したら、いつもすっきりしてきれいな家で暮らせるのが楽しみ!」

家づくり中には、そう考えていたのに、実際に暮らし始めてみたら、物が溢れ片付かない家になってしまったというケースは少なくありません。特に、リビングと洗面所はそうなる危険が高い場所です。

リビングの収納はどのくらいの広さにする?

家族の暮らし方、家族構成にもよりますが、近年は家にいる時間はほとんどリビングで過ごすというライフスタイルのご家族が増えています。その為、帰宅した家族がリビングに直行しやすい間取りがほとんどです。

その結果、帰宅した家族が、コートや荷物をリビングに持ち込みます。この時、外出で使ったコートや荷物をすぐに収納できるスペースがないと、ソファにおいてしまったりします。2階にある自分の部屋までもっていくのは面倒だからです。

また、子育て中には、子どものおもちゃがあります。お昼寝用のブランケットなどもあるでしょう。就学してからも、小学生のうちは子供部屋があっても、リビングで過ごす子どもがほとんどです。対面キッチンのカウンターで、食事の支度をしているお母さんに見てもらいながら宿題をする子どももいれば、小学校低学年までは、朝の着替えをリビングでする子どももいます。

リビング収納の広さを決める為には、収納する物を具体的に考える必要があります。まず、帰宅時のコートや荷物、子どものおもちゃや勉強道具、リビングで使う消耗品の買い置きなどをリストアップします。そのリストを基に、家全体の床面積とのバランスを考えた上で、必要な面積を割り出していきましょう。

建築事例

 リビングの収納は、ダイニングキッチンとの並べ方とも並行して計画を進めることが大切です。
コラム リビングとダイニングキッチンとの位置関係

リビング収納のアイデア

リビングの壁面収納

広々ウッドデッキのヴィラ・リゾート風平屋

リビング収納には、壁面収納、ウォークインタイプとウォークスルータイプがあります。壁面収納は、リビングの雰囲気向上に役立ちます。ウォークインタイプの収納には、収納したものが完全に見えなくなる良さがあります。ウォークスルータイプには、風通しが良い、両手に荷物を持っていても、扉の開閉がまだ苦手な子どもがいても通行しやすいという良さがあります。

見せる収納で室内を演出する

おしゃれな小物や植物を置いて室内の雰囲気を向上させます。

子どもの勉強コーナーをウォークスルータイプの内部に設ける

造り付けの棚やハンガーパイプの他に、シンプルな造作デスクを設けておくと、子どもの勉強コーナーとしても、ユーティリティスペースとしても使えます。

ウォークスルータイプは密閉空間にならないので、子供が使う場合にも、母親が使う場合にも、リビングの気配が感じ取れるので安心です。

棚の下部にお掃除ロボットの充電スポットを設ける

ウォークスルータイプのリビング収納にする場合、扉がないので、クローゼット内もお掃除ロボットが通行できます。さらに棚の下部に充電スポットがあると、充電時のお掃除ロボットが邪魔になりません。

玄関とリビングを繋ぐ収納や玄関収納もリビングの整頓に役立つ

家全体の間取りとのバランス、家族の生活動線によっては、リビングの収納は壁面収納だけにし、玄関に大型の収納を造るという考え方もあります。玄関の収納には、土間収納にできるという強みがあります。

玄関とリビングを繋ぐ収納のアイデイア

玄関とリビングの間にウォークスルークローゼットを設け、家族用の動線と来客用の動線を造るという間取りのアイデイアがあります。家族用の動線をウォークスルークローゼットにする方法です。外出時のコートや荷物をリビングに持ち込まずにすむので、リビングに物が溢れないようになると同時に、花粉が室内に持ち込まれることを防げます。

玄関には土間収納もおすすめ

床面積を節約する為、玄関土間は靴を脱ぎ履きできるだけの最小限の面積にするという間取りも少なくありませんが、ゆったりした土間収納を隣接させるという間取りもあります。土間収納には、ベビーカーや自転車、スポーツ用品なども置けるというだけではなく、内部の造り方のアイデイアによって様々な使い方ができます。

基本的には、内部に棚やパイプハンガーを設けますが、それに加えて室内では汚れが気になる塗装などの作業や、スポーツ用品のお手入れなどができるスペースを設ける方法もあります。内部に窓を設けておけば、換気の良い状態で作業ができます。姿見を置いて、外出前の準備をする場所としても利用できます。窓から自然光が入るので、外に出た時のメイクや衣服の色合いに、照明で確認した時のような差が出ません。

建築事例

 間取りを考える時、限られた床面積の中で、部屋の割り振りの配分も大切ですが、生活動線と生活動線にあった収納計画を併せて進めていきましょう。
コラム 注文住宅の注意点を押さえて後悔しない家づくり

収納計画が失敗する原因

リビングの収納2

丸窓がかわいい北欧風の住まい

「たくさん収納を作ったのに家の中が片付かない」

「収納が少ないので物が収まりきらない」

収納計画が失敗するとこのような結果になってしまいます。失敗する原因は、とにかくたくさん作ろうとしてデッドスペースにはもれなく収納を作った、床面積が圧迫されないよう極力収納スペースを抑えたといった作り方です。収納スペースに必要な要素を抑えておかなければ、役に立つ収納スペースは生まれません。

基本的に抑えておくべきポイント

使いやすい位置にある

収納する物の奥行きと幅、高さにあっている

家族の持ち物を収納できるだけの広さを備えている

この3つは必ず押さえておかなくてはならない収納のポイントです。

使いやすい位置にある

使いたい時にすぐ出せる、しまいたい時にすぐしまえることが、床や家具の上に物を置かないことに繋がります。例えば、2階に子供部屋や寝室があり、玄関とリビングが最も近いという間取りで、リビングで過ごす時間が多いライフスタイルの家族の生活を想像してみてください。

目の前にリビングがあって、もしかしたらダイニングテーブルには夕食の用意ができているかもしれません。わざわざ荷物を置きに行くのは面倒になるのではないでしょうか?一方、2階リビングで、1階に家族の居室がある場合には、広いリビング収納や玄関収納は必要ないかもしれません。荷物を自分の部屋においてから2階に上がれるからです。

収納スペースの位置を決める際には、家族の生活動線と、間取り全体とのバランスを十分に考慮して、使いたい時にすぐ出せる、しまいたい時にすぐしまえる位置に収納スペースを設けることが大切です。

収納する物の奥行きと幅、高さにあっている

収納スペースのサイズも大切です。奥行きが深すぎて、奥にしまったものが取り出せずしまいっぱなしになる、または取り出せなくなるので奥を空けて収納している、幅や奥行きが足りなくて衣装ケースや収納ボックスが入らないというようなサイズの合わない収納は、意味のない収納です。新居で使う予定の収納ケースや収納ボックスのサイズに合わせて、収納内部の棚のサイズを決めていきましょう。

家族の持ち物を収納できるだけの広さを備えている

家族構成や趣味、暮らし方によって、持ち物の量は違います。リビング、または玄関の収納にしまいたい物を具体的にリストアップし、間取り全体とのバランスを見ながら、収納の広さを決めることが大切です。この際、子どもがまだ小さいうちは、持ち物の量が少ないので、成長して持ち物が増えた時のことも想定しておきましょう。

 短時間しか過ごさない場所ですが、洗面所は暮らしの質の大きな影響を与えます。家族が快適に使えることに加えて、家事負担が少なくなる洗面所とは使い勝手の良い収納を備えた洗面所です。
コラム 注文住宅で叶える理想の洗面所

家族構成とライフスタイル、家族の持ち物の量に合わせ、家全体の間取りとのバランスに配慮しながら、使いやすい収納を設け、自然に片付く家を実現させましょう。

建築事例

ライズクリエーションの家づくりへの想い

一生に一度だからこそプロの提案をしたい。
その為に私たちは営業・設計士など関わる人全員一丸となって家づくりに臨んでいます。プロの設計士、建築家がじっくりヒアリングをし、営業がお客様のサポートをいたします。
特に提案力には自信を持っており、多くのお客様から他社には無かった予想の上を行く提案が決め手とご好評いただいています。どんなに細かいご要望や不安もお気軽にお話しください。

お問い合わせ