吹き抜けのメリットが活きるリビングやダイニング、玄関、階段にするポイント

吹き抜けのメリットが活きるリビングやダイニング、玄関、階段にするポイント

新築の際に、吹き抜けについて迷われる方は多いと思います。開放的な空間に溢れる陽射しと心地よく吹き抜ける風は、快適でおしゃれなリビングを生み出しそうに思えます。一方、冬は寒く夏暑くなるという話を聞く、耐震性が低下するらしいなど、不安になる情報も少なくありません。メリットだけが活かされる吹き抜けは実現するのでしょうか?

吹き抜けを活かす新築ならではのメリット

大掛かりなリフォームをする場合を除いて、吹き抜けは住宅の完成後に手軽に設けることができません。同時に設けてしまった吹き抜けを手軽になくすこともできません。したがって、新築時に吹き抜けを設けるかどうかには大きな決断が必要です。

間取りや住宅の性能によっては、デメリットを生んでしまう吹き抜けも少なからず存在します。しかし、的確な間取りと十分な住宅性能を備えた家であれば、吹き抜けは確実に生活の質を向上させます。

吹き抜けは、リビングやダイニングなどの居住スペースに設けるだけではなく、玄関や階段に設ける間取りもあります。どこに設けたとしても、様々なメリットが得られます。

陽射しが溢れ明るい空間が生まれる

吹き抜けがあると、高い位置からの自然光が採り入れられるので、1階の部屋も明るくなります。密集した住宅地においては、隣家との距離が近いケースがほとんどです。そのような場合には、1階の部屋の中に、十分な陽射しを採り入れられない部屋が生まれてしまいます。しかし、吹き抜けがあれば、1階に昼間から薄暗い部屋が生まれません。また、窓のない玄関や、北向きの窓のある玄関に吹き抜けを設けると、明るい玄関にできます。

換気の良い家になる

風は低い位置から高い位置へと吹き抜けていく性質があります。対面の窓は風通しを良くしますが、その対面の窓に高低差があると、さらに風の通り道が拡がります。室内の熱が排出されると共に、家中の換気が良くなります。気候の良い季節には、涼やかな風を楽しめます。また、換気の良さは家族の健康にも、住宅の寿命にも良い影響を与えます。

参考サイト 増加するアレルギー症状の子どもたち
参考資料 建築の結露と健康性

洗練された開放的な空間が生まれる

吹き抜けによって縦に空間が拡がるため、圧迫感のない開放的な空間が生まれます。2階の窓から見える空や庭の樹木が、1階のリビングを彩る良さもあります。吹き抜けには、室内だけではなく、ロの字型の住宅の中庭を吹き抜けにするというようなダイナミックな設計もあります。中にはが吹き抜けの住宅では、どの部屋からも庭の景観が楽しめます。

家族の気配が感じられる

1階と2階の空間が繋がっているので、常に家族の気配が感じられます。特に吹き抜けとリビング階段が組み合わされている間取りでは、家族の外出帰宅が把握しやすいので、子どもが一人で出かけられる年齢になっても安心です。特にリビング階段と組み合わせると、家族の自然なコミュニケーションが増えます。

建築事例

■ 住宅の暮らしやすさを作る要素には、数多くの項目がありますが、その中に、快適な室温と湿度を維持できる室内環境、家族の愛情を育む帰宅動線、家事負担を減らす家事動線、意識しなくても常に室内をすっきりさせる収納があります。
コラム 新築住宅の間取りプランはどうやって進める?

吹き抜けのデメリットとして多くの人が不安に思っていること

階段の吹き抜け

無垢材を生かした住まい

吹き抜けのある家は冷暖房の効率が悪いらしい

吹き抜けがある家は大地震が来ても大丈夫なの?

新築の家に拭く抜けを設けることを検討している場合、吹き抜けのある住宅への不安や、疑問があるのではないでしょうか?吹き抜けのデメリットとも言えるそれらの不安と、その不安を解消する方法について考えていきましょう。

吹き抜けのある家は冷暖房の効率が悪いらしい

吹き抜けがあると、空間が拡がるため、採暖という考え方での空調であれば、確かに冷暖房の効率は低下します。採暖とは部分的に暖める方法です。居室を細かく区切り、人がいる部屋だけ暖める、炬燵などで部分的に暖まるなどの考え方が採暖です。日本の住宅では長らくこのような方法で、暖を採ってきました。

吹き抜けのある家にする場合には、採暖ではなく、暖房という考え方で空調を整える必要があります。暖房とは家全体を暖める方法です。吹き抜けによって繋がっている空間には効率の良い暖め方です。ただし、家全体を少ないエネルギーで暖める為には、住宅の持つ断熱性と気密性の高さに加えて、家全体の空気を循環させる間取りが必要です。

十分な断熱性と気密性で家を包み、吹き抜けの良さが活きる空気を循環させる間取りにすれば、家が魔法瓶のような状態になり、少ないエネルギーで家中の温度が快適に維持されます。吹き抜けを設けると、冷暖房の効率が落ち冷暖房費が嵩むのでは?という疑問は、住宅に十分な断熱性と気密性を持たせる、吹き抜け以外の部分も空気が循環する間取りにする、家全体を冷暖房するという考え方に切り替えるという方法で解決できます。

空調の方法としては、床下エアコンと小屋裏エアコン、または全館空調という方法が考えられます。床下エアコンは床の下に設置し、床のカラリから暖かい空気を家中に循環させ、小屋裏エアコンは、小屋裏にエアコンとファンを設置し、涼しさを家中に循環させる方法です。

結露を避ける為、床下エアコンは暖房のみ、小屋裏エアコンは冷房のみに使うため、2台設置しなくてはなりません。しかし、全館空調の導入費用に比べると、遥かに導入費用を抑えられます。加えて、24時間稼働させることで、部屋や時間帯で区切ってエアコンを停止させたり稼働させたりするよりも、冷暖房費を抑えられます。ただし、この方法はエアコンメーカーが推奨している方法ではなく、一般的な使い方をするエアコンを使用するということは知っておく必要があります。

吹き抜けがある家は大地震がおきても大丈夫なの?

家の中に1階と2階を繋ぐ大空間が生まれるので、耐震性を不安に思う人は多いはずです。在来工法の木造の家は、柱と梁で住宅を支え、筋交いの入った耐力壁地震の横揺れを受けとめます。吹き抜けを造る分、柱や梁、耐力壁が減ってしまうと、耐震性が低下する恐れがあるのでは?と疑問を感じるのは当然のことだと思います。その為、吹き抜けのある家にする為には、一般的な2階建ての家より耐震性を高めることが求められます。

耐震性を高める為には、構造計算に基づいて吹き抜けを家の端に配置しない、耐震性に影響しない窓の位置とサイズにするなど、間取りと構造のバランスに配慮した設計にする必要があります。リビングやダイニングに吹き抜けを設ける場合には、家の中心に吹き抜けを配置できます。しかし、玄関の場合は家の端になってしまうので、吹き抜けの面積と窓のサイズ、位置に十分配慮する必要があります。

十分な耐震性を備えない家で、耐震性を維持できる吹き抜けを設けようとすると、陽射しや風を採り入れる、開放的な空間を生み出すという吹き抜けの良さのない中途半端な拭き抜けになってしまいます。

建築事例

参考資料 誰でもできるわが家の耐震診断 監修国土交通省住宅局 編集財団法人 日本建築防災協会

■ どの家族にとっても欠かせない要素の一つは、住宅の快適性です。快適の高い家を実現する為には、基本的に外せないポイントは4つあります。室内環境、間取り、耐震性能と住宅の耐久性です。
コラム 快適な家を実現したい

吹き抜けのメリットを活かすためのポイント

広々としたモダンな住まいの玄関吹き抜け

広々としたモダンな住まい

せっかく吹き抜けを設けても、暮らし始めてから、夏暑く冬寒いというような状況になってしまわないようにする為には、吹き抜けのデメリットが発生しないようにする必要があります。

Point

  • 高い断熱性と気密性を備えた住宅にする
  • 空気が循環する間取りにする
  • 家全体の温度管理ができる空調を採り入れる
  • リビング階段と組み合わせることによって吹き抜けのメリットがより活かされる

吹き抜けは適切に造れば、室内の環境を良くし、視覚的にもおしゃれで開放的な雰囲気を生み出します。メリットだけが活きる吹き抜けのある家を計画し、快適な毎日を送りましょう。

建築事例

 注文住宅での家づくりは、家へのこだわりがある分、こだわりの部分が重要視され、家全体として考えた時に、バランスが良くない家になってしまうこともあります。家族が暮らしやすい家を実現する為に、あらかじめ押さえておくべきポイントについて、考えていきましょう。
コラム 注文住宅の注意点を押さえて後悔しない家づくり

ライズクリエーションの家づくりへの想い

一生に一度だからこそプロの提案をしたい。
その為に私たちは営業・設計士など関わる人全員一丸となって家づくりに臨んでいます。プロの設計士、建築家がじっくりヒアリングをし、営業がお客様のサポートをいたします。
特に提案力には自信を持っており、多くのお客様から他社には無かった予想の上を行く提案が決め手とご好評いただいています。どんなに細かいご要望や不安もお気軽にお話しください。

お問い合わせ