一人暮らしの平屋でシンプルな暮らし

一人暮らしの平屋

一人でのんびりと暮らしたいそんな想いを持つは多いのではないでしょうか?生涯一人で暮らしていくと決めた時、以前は、マンションを購入する人がほとんどでした。都市部のマンションは、仕事先へのアクセスの良さや、都心で暮らすことの楽しさが魅力です。一方、最近は、戸建て住宅を購入したいと考える人が増えています。

マンションの価格が高騰していることもありますが、コロナの影響で在宅勤務が増え、それほど利便性にこだわる必要がなくなったこともあるでしょう。それならば、緑の多い環境にある郊外に移ろうと考える人も少なくありません。

伴侶を失った高齢者にとっては、一人暮らしにちょうど良いサイズの平屋への建て替えで、安心して暮らせる終の棲家が実現します。

平成27年版厚生労働白書を見ると、生涯未婚率は上昇し続けており、2035年には男性29パーセント、女性192パーセントになると推計されています。戸建て住宅は結婚してから建てる家という考え方をする方が多いと思います。しかしこれからは、自分が居心地よく暮らせる空間が欲しくなった時、将来を考えた時に建てるという考え方をする人が増えていくのではないでしょうか?

参考サイト 平成27年版厚生労働白書 生涯未婚率の推移(将来推計含む)

平屋で一人暮らしをする魅力

平屋のリビング

works12 阿見岡崎

現在、賃貸住宅で暮らしている人にとって、この家賃が住宅ローンなら、いずれは自分の所有物になるはずなのに、なんだかもったいないなあと感じることがあると思います。もし、戸建て住宅やマンションを購入すれば、家賃のように使い捨てではなく、将来の安心感に繋がるのではないでしょうか?

また、高齢になり、子供たちは独立し、伴侶も失くしてしまったというような場合には、2階建ての広い家を持て余しているケースもあるでしょう。子供たちが使っていた部屋は物置のようになっている、広すぎるLDKが一人で過ごすには寂しさを感じさせる、階段の昇り降りが負担になる日が来るかもしれない不安があるというような状況になっているケースです。

現役世代であっても、シニア世代であっても、マンション購入の魅力の一つは、階段のない暮らしができることです。もし、利便性や都心の暮らしにこだわらないのであれば、平屋を選ぶことで、階段のない暮らし+庭を楽しめる暮らしが実現します。

自分のライフスタイルに合わせた家にできる

賃貸住宅やマンションは、あらかじめ決まっています。その中から、自分にぴったりの間取りを見つけることもできるとは思いますが、注文住宅の平屋なら、制限のない家づくりができます。

特に平屋の場合、庭との融合性が高いという良さがあります。中庭を造って周囲からの視線を気にすることなく、アウトドアリビングを楽しむ、休みの日には、庭で採集したハーブで、ハーブティーや、料理を満喫するなど、好みに合わせた過ごし方ができます。

シンプルに暮らしたい人は、部屋に物が溢れないよう、収納を充実させる、集めた趣味の小物を飾って楽しみたい人は、壁面収納を設けるなど、暮らし方や好みに合わせて、自在に収納を造れます。家全体は、朝起きてから就寝するまでの自分の行動に合わせて、最適な動線を作れる間取りにできます。特に平屋には、上下の移動がないので、効率的な動線が作りやすい良さがあります。

平屋は2階建てに比べて、構造が非常に安定しているため、耐震の為の制限が少ないという特徴があり、大きな窓やロフトを設けられます。

階段のない暮らしができる

階段には、家事負担を大きくするという難点があります。平屋には階段がないので、洗濯も掃除も楽にできます。また、階段のない家は、空極のバリアフリー住宅でもあります。シニア世代にとっては、階段事故の不安がなく、使えない部屋も生まれません。

家を建てる時点では20代、30代であっても、いつかは高齢になる日がやってきます。段差のない家にしておけば、高齢になっても、安心して暮らせます。

冷暖房の効率が良い

もともと平屋は、家の中の空間を繋げ安い家ではありますが、一人暮らしの平屋は、ワンルームのように家の中を繋げられます。家の中の空間が繋がっているという状況は、家の中に温度差が生まれないということです。十分な断熱性を備えれば、一台のエアコンで、家中を冷暖房できるうえに、エネルギー消費も少なくて済みます。

平屋を建てる際に注意するポイントと対策

町屋風の平屋のおうち

町屋風の平屋のおうち

基本的に平屋は周辺の環境に大きな影響を受ける家です。密集した住宅地、近隣に3階建て以上のマンションやビルが多い地域では、日当たりや風通し、プライバシー、防犯性を確保できない恐れがあります。暮らしやすい平屋になるのか、失敗した平屋になるのかという運命の分かれ目は、土地選びであると言っても過言ではありません。

土地探しの方法

平屋に合う土地と言われても良くわからないという人は多いと思います。隣家や道路との距離や位置関係、土地の形状、敷地周辺の環境など、様々な要素を勘案しなくてはならないので、平屋にあった土地探しはとても難しい問題です。一方、倦厭されやすい変形地や段差のある土地が、周辺の環境によっては、意外と良い間取りの平屋を建てられる敷地になる可能性もあります。

そこで考えたいことが、土地探しの方法です。土地探しは不動産業者を通してする方法と、工務店といっしょに進める方法があります。この2つのうち、おすすめしたい方法は施工を依頼する工務店といっしょに土地探しをすることです。候補の土地に家を建てた時のざっくりした間取りの提案を聞けるので、土地の良し悪しが判断しやすくなります。また、不動産業者と工務店の間の連絡を取り合う煩雑さもありません。

特に平屋にする場合は、土地と外構によって、暮らしやすさが大きく変わるので、家づくりの専門家と共に土地探しをすることが、家づくりの成功に繋がります。加えて、相反するプライバシーの確保と、防犯性に高さを同時に得るためには、外構デザインが非常に重要です。

防犯

一人暮らしの平屋で、最も気を付けたい問題が防犯対策です。気候の良い季節には、窓を開けて就寝する人もいると思いますが、平屋の場合、1階に寝室があるので、注意が必要です。防犯性の高い平屋にするためには、中庭が作れるコの字型やロの字型が最も理想駅ですが、敷地の形状や面積によっては、難しい場合もあります。その場合には、外構の工夫が必要です。敷地内に入り込めないような外構デザインにする他、劉辺の環境に配慮した窓の位置とサイズを決める、人感センサーを設置する、砂利を敷くなどの対策も求められます。

もう一つ考えておきたいことが、洗濯物です。強盗侵入犯は、庭や玄関周りがきれいに整頓されていない家、通りや隣家からの視線が入りにくい家など、いくつかのポイントに絞って標的になる家を探すそうです。その中に、夕方になっても、洗濯物が干してある家も含まれます。

中庭のある平屋には、夕方までに帰宅できない日でも、外部の視線を気にせずに洗濯物が干せる良さがあります。中庭がない場合には、洗濯室を作る、または洗面所内に洗濯物を干すスペースを設けることで、洗濯物への対策ができます。

参考サイト 警察庁 住まいる110番

 平屋の一人暮らしは、夢の溢れる空間での魅力的な毎日を生み出します。最適な土地と、エクステリアで、安全で、居心地の良い一人暮らしの平屋を実現させましょう。

ライズクリエーションの家づくりへの想い

一生に一度だからこそプロの提案をしたい。
その為に私たちは営業・設計士など関わる人全員一丸となって家づくりに臨んでいます。プロの設計士、建築家がじっくりヒアリングをし、営業がお客様のサポートをいたします。
特に提案力には自信を持っており、多くのお客様から他社には無かった予想の上を行く提案が決め手とご好評いただいています。どんなに細かいご要望や不安もお気軽にお話しください。

クオカード1000円分プレゼント

PAGE TOP
MENU