平屋の勾配天井とロフトの間取りは暑い?梁は見せる?

平屋の勾配天井とロフトの間取りは暑い?梁は見せる?

 

勾配天井は、平屋に開放的な空間を生み出します。さらに梁を見せる天井にしたり、シーリングファンを取り付けたりすると、よりおしゃれな雰囲気になります。またロフトを設ける間取りにすると、プラスαの収納スペースも得られます。ただ、勾配天井には暑い、高さによっては外観がアンバランスになるなど、後悔する要素がない訳ではありません。

平屋を勾配天井にすると生まれる室内環境の良さ

一般的な住宅の多くは平天井と呼ばれるフラットな天井です。屋根と天井の間には小屋裏空間があります。一方、勾配天井は、屋根の傾斜を活かした天井です。従って平天井のような区切られた小屋裏空間はなく、居室の床から屋根までの空間が繋がるので、開放的な雰囲気が生まれます。

切妻屋根の住宅なら三角形の勾配天井、片流れ屋根なら一方が高い勾配天井ですが、どちらの場合も、平屋の室内環境に良い影響を与えます。平屋には、階段がないため負担の少ない家事動線になる、子どもや高齢者の階段事故の心配がない、子どもを見守りやすい、家族のコミュニケーションが取りやすいなど、たくさんの暮らしやすさがあります。

その一方、平屋には周辺の環境によっては日当たりと風通しが悪い、プライバシーを確保しにくいなどの暮らし難さが生まれやすいという問題があります。隣家や道路との距離と位置関係や、周辺の建物の高さなどによって、昼間でも薄暗い、窓を開けても風が通らない、日当たりと風通しの為に窓を設けたのに視線が気になって開けられないというような状況になってしまうかもしれない恐れがあるのです。そのような状況になってしまえば、庭と融合する暮らしができるという平屋の良さを満喫できません。

ただ、勾配天井にした場合、このような問題を解決できます。勾配天井にすると一般的な平屋では設けられないような高い位置に窓を設けられます。高い位置の窓からは、陽射しを採り入れやすいので、家中に十分な明るさと冬は暖かさが届きます。また、低い位置の窓から高い位置の窓へと風が通り抜けていくので、家中の換気が良くなることに加えて、室内の熱が排出されます。

隣家や道路との位置関係によってプライバシーが確保しにくいという敷地の条件であれば、トップライトやハイサイドライトを採用するという方法もあります。どちらも陽射しを採り入れつつ、視線が気にならない環境を創り出します。

■ 注文住宅での家づくりで、平屋を建てようと計画するご家族が増えています。同時に、現実的には無理だと判断し、あきらめてしまうケースも少なくありません。予算の制限内で、暮らしやすい平屋を実現する為には、どのような考え方で家づくりを進めればよいのでしょうか?

コラム 注文住宅で平屋を建てる時に考えておくべきポイントと間取りの工夫

建築事例

勾配天井の平屋をよりおしゃれにする梁や照明、シーリングライト

ヴィンテージスタイルの平屋

ヴィンテージスタイルの平屋

明るく風通しの良い開放的な空間をよりおしゃれな雰囲気にするポイントがいくつかあります。梁を見せる天井にすること、照明を工夫すること、シーリングファンをつけることです。この3点には見た目の良さだけではなく、利便性もあります。

梁を見せる天井にする

梁とは柱と柱の間に横に渡す構造材のことです。梁を見せる天井には、この構造部を見せる方法と、化粧張りと言われる飾り用に梁をつける方法があります。構造部を見せる方法では、無垢材の美しさが際立ち、個性的な空間が生まれます。天井をクロス張りにして化粧張りを設ける方法では、落ち着いた高級感が生まれます。好みに応じて、内装全体の雰囲気に調和する方法が選べます。

照明を工夫する

勾配天井は、天井の位置が高いので。平天井よりも明かりが届きにくくなってしまいます。その為、ペンダントライトやスポットライトを併用する必要があります。その際、梁にレールを設けてスポットライトをつけるなどの工夫をすると、シーンに合わせて効果的な雰囲気を演出できます。

構造材の梁では、電気コードを内部に組み込めないので、コードが見えてしまいますが、化粧張りであれば、コードを見せずにレールを付けられます。ただ、構造材の梁には、多少コードが見えてしまったとしても、気にならないダイナミックな美しさがあるので、好みに合わせて選びましょう。

シーリングファンをつける

シーリングファンのある天井はそれだけで映画の中のワンシーンのような雰囲気を演出しますが、それだけではありません。勾配天井の場合、天井が高い為、冬場は暖かい空気が天井付近に昇って停滞してしまうので、部屋が暖まりにくくなることがあります。そのような場合には、シーリングファンが空気をかき混ぜ、室温調整のサポートをします。

平屋の勾配天井は暑い?

一般的な平天井の家には、天井と屋根の間に小屋裏空間があります。この小屋裏空間には、屋根からの太陽の直射熱が居室に伝わっていく量を減らすという働きがあります。勾配天井の場合、小屋裏空間が区切られていない為、屋根からの熱が直接居室に伝わってしまいます。その結果、勾配天井の平屋は暑いということになってしまうのです。

新築時に注するポイントとしては、屋根の遮熱性能を高めることと、家全体の断熱性能を高めることが挙げられます。断熱性能を高め、家の中の空気が循環する間取りにすれば、冬場に暖かさが天井付近に停滞したり、夏にエアコンの涼しさが効率よく届かなかったりといった状況を避けられます。

平屋の場合、2階建ての家よりも家の中の空間を繋げる間取りにしやすいという特徴があります。さらに勾配天井であれば、平天井の平屋よりさらに空間を繋げ安くなります。空間が繋がっていて、高い断熱性を備えると、家の中は魔法便のような状態になり、最小限の冷暖房で快適な室温を創り出せます。

勾配天井の平屋を快適な室温の家にする為には、高い断熱性と気密性、屋根の遮熱性能、そして空気が循環する間取りが求められます。

■ 全ての居室が庭と融合するシンプルな暮らしができる家として、平屋を建てたいと希望するご家族は少なくありません。平屋にあるたくさんのメリットを活かすためには、基本的な条件があります。その条件を満たせれば、平屋は理想の住宅として、家族の幸せな暮らしを育みます。

コラム 平屋のメリットを活かした家づくりとは?

建築事例

勾配天井の平屋に設けるロフトは後悔する?

ヴィラリゾート風平屋のロフト

ヴィラリゾート風平屋

平屋には同じ敷地に建てる場合、2階建てに比べて床面積が少ないという問題点があります。そこで考えられる方法がロフトのある間取りにするということです。ただ、ロフトを設ける場合、ロフトの使い方を具体的に想定して計画しないと、後悔する原因になってしまいます。

ロフトには建築基準法の制限内で設けるロフトと、ロフト風スペースがあります。建築基準法の制限内で設ける場合、小屋裏収納として扱われるので、床面積には算入されません。しかし、窓のサイズ、階段、コンセントなどについて細かい基準があり、あくまで小屋裏収納としてしか使えないような空間が生まれます。

ロフトを収納スペースにする予定で計画する場合には、制限があっても問題はないのですが、部屋として使いたい場合には、その制限に阻まれ思い通りの空間にできません。その為ロフトを計画する場合には、あくまで小屋裏収納として活用するのか、床面積に算入されても良いので部屋として使いたいのか、使い方を明確にしておく必要があります。

小屋裏収納として活用する場合には、階段の問題さえ解決できれば、窓が小さくても、換気扇用のコンセントしか設けられなくても、使いにくいということはないでしょう。しかし部屋として使いたい場合には、ある程度のサイズの窓やコンセントの数が必要です。ロフトの使用方法に対する希望に合わせてロフトの計画を進めましょう。

ただ、部屋として使いたい場合、空間を拡げる為に屋根の高さを高くしすぎると、外観デザインがアンバランスになってしまう恐れがあるので注意が必要です。家の外観の見た目が悪くなるだけではなく、強風に弱い家になってしまいます。

勾配天井は平屋に良い影響を与える面が多いので、注意するポイントはしっかり押さえて計画を進めましょう。

■ マイホームは平屋にしたいと希望するご家族が多い一方、現実的には平屋をあきらめるご家族も少なくありません。その理由は、土地の条件によっては、平屋のデメリットがメリットを上回ってしまうからではないでしょうか?平屋のデメリットを土地や、ロの字やコの字などの住宅の形状、片流れ屋根などの屋根の選び方で克服できれば夢が実現します。

コラム 平屋のデメリットはメリットより大きい?屋根やコの字で解決できる?

建築事例

ライズクリエーションの家づくりへの想い

一生に一度だからこそプロの提案をしたい。
その為に私たちは営業・設計士など関わる人全員一丸となって家づくりに臨んでいます。プロの設計士、建築家がじっくりヒアリングをし、営業がお客様のサポートをいたします。
特に提案力には自信を持っており、多くのお客様から他社には無かった予想の上を行く提案が決め手とご好評いただいています。どんなに細かいご要望や不安もお気軽にお話しください。

お問い合わせ

前の記事

新着建売物件情報